二本の剣でダイエット!ビートセイバーの消費カロリーは?他のスポーツと運動強度を比較してみた

大好評発売中のVR専用ソフト「ビートセイバー(beat saber)」
筆者はPS4版とOculus Quest版で楽しくプレイしています。
プレイしていて感じるのですが、このゲームは運動量がすごい
数曲分プレイすると汗びっしょりになってしまいます。
筆者が経験してきた家庭用ゲームでこれほどまでに運動を要求されるゲームは初めてです。

そこで今回はビートセイバーの消費カロリーを他のスポーツと比べてみました。

健康と運動のVR研究所

米サンフランシスコにあるThe Virtual Reality Institute of Health and Excercise(健康と運動のVR研究所)という様々なVRゲームの運動量を調査している団体があります。
↓公式ホームページ

Screenshot of vrhealth.institute
その団体がビートセイバーを調査した結果が公式ホームページに掲載されていました。

ビートセイバーの運動強度と消費カロリー

「メッツ」という身体活動の強度を表す国際的な単位があります。
健康長寿ネットには下記のような説明がされています。

メッツとは、安静時の酸素摂取量3.5ml/kg/分を1としたときに、その運動で何倍のエネルギーを消費できたかで運動強度を示した単位です。

安静時が1メッツで、運動強度が2倍になれば2メッツという表し方をします。
上記団体がこの「メッツ」でビートセイバーを評価しました。
被験者はBeat Sabreを4時間プレイし、難易度ExpertでランクB以上を獲得できるレベルのプレイヤー
そのプレイヤーが 「難易度Expertのステージを4つプレイした時のメッツ」は下記のようになりました。

ビートセイバーのメッツ(運動強度)

  • 平均値・・・6.24メッツ
  • 最大値・・・7.18メッツ

ビートセイバーの消費カロリー

消費カロリー(kcal) は 「メッツ × 体重kg × 運動時間 × 1.05」で計算されるので
ビートセイバーをすることで体重60キロの人は1分間に約 6.5 ~ 7.5 キロカロリー消費する計算になります。



他のスポーツや活動と比較

健康長寿ネットで公開されている各運動のメッツからビートセイバーの平均値と近い6メッツ付近のものを抜き出してみました。

生活活動のメッツ(6メッツ付近)

メッツ 生活活動の例
5.0 かなり速歩(平地、速く=毎分107m)、動物と遊ぶ(歩く・走る、活発に)
5.5 シャベルで土や泥をすくう
5.8 子どもと遊ぶ(歩く・走る、活発に)、家具・家財道具の移動・運搬
6.0 スコップで雪かきをする
7.8 農作業(干し草をまとめる、納屋の掃除)

運動のメッツ(6メッツ付近)

メッツ 運動の例
5.0 かなり速歩(平地、速く=毎分107m)、野球、ソフトボール、サーフィン、バレエ(モダン、ジャズ)
5.3 水泳(ゆっくりとした平泳ぎ) 、スキー、アクアビクス
5.5 バドミントン
6.0 ゆっくりとしたジョギング、ウェイトトレーニング(高強度、パワーリフティング、ボディビル)、バスケットボール、水泳(のんびり泳ぐ)
6.5 山を登る(0~4.1kgの荷物を持って)
6.8 自転車エルゴメーター(90~100ワット)
7.0 ジョギング、サッカー、スキー、スケート、ハンドボール※
7.3 エアロビクス、テニス(シングルス)、山を登る(約4.5~9.0kgの荷物を持って)
8.0 サイクリング(約毎時20km)

上記表と比較すると、ビートセイバーは

  • スコップで雪かきをするよりも運動強度が高い
  • バドミントンやバスケットボールよりも運動強度が高い
  • 最大値はテニスのシングルスに近い運動強度

ということになります。

難易度Expert+の運動強度はもっと高いはず

上記の測定は「難易度Expertのステージを4つプレイした平均」でした。
しかし、ビートセイバーにはさらに上の難易度である「Expert+」が存在します。

ビートセイバーでは曲を選択する時、右上にその曲の情報が出てくるのですが、そこには「カットする必要のあるキューブの数」も表示されます。
その数は「Expert」と「Expert+」とではかなり差があります。
例えば「$100 Bills」という曲では

  • Expertのキューブ数・・・437個
  • Expert+のキューブ数・・・734個

という具合です。
全ての曲で平均すると、Expertと比べてExpert+はキューブの数が約1.63倍になっています。
単位時間あたりに剣を振る回数が増えるので、運動強度もその分増えるはずです。

筆者は最近Expert+をクリアしようと毎日練習を頑張っていますが、(詳しくはこちらの記事「Expert+」は「Expert」の比じゃないくらいに疲れます
曲にもよりますが、かなりのスピードで腕を動かす必要があり、しかもキューブが絶え間なく流れ続けるので休む間もありません。

ですので難易度Expert+をプレイする場合は、おそらく上記の調査結果よりも運動強度・消費カロリーは多いと考えられます。

まとめ

ビートセイバーの素晴らしいところは「ズバズバと切っていく感覚が楽しいので、運動を長時間しても苦ではない」ことです。
ダイエットや運動不足解消にピッタリの良ツールだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です