Oculus Quest版のBeatSaberはPSVR版と比べてどう? グラフィックや操作性など

Oculus Questを購入しました。

早速大好きなBeatSaberをOculusストアで購入。

筆者はPSVR版もプレイ済みなので、比較してどうだったかを書いていきます。

グラフィックは簡略化されている

グラフィックは簡略化されています。

PSVR版と比べて、キューブのつやつや感が少ない、背景の荘厳さが少ないという印象です。

迫ってくる「壁」の簡略化が顕著で、露骨にわかります。

↓同じ曲の同じ場所の画像です。


Oculus Quest版

PSVR版

しかし解像度が荒すぎるわけではないです。

一般的にVR空間の中で「近く」にあるものは解像度の違いがあまり分かりませんが、VR空間の「遠く」にあるものは解像度の荒さがモロに反映されてしまいます。

Nintendo Switch の VR は遠方を見たときの解像度が明らかに荒かったのですが、Oculus Questではそれほど荒さは感じませんでした。

プレイには支障はないですし、むしろ「一体型でここまで綺麗に映せるのか」と感心する方が大きいかったです。

ただ臨場感、没入感、迫力の観点で見ると、やはりPSVR版に軍配が上がります。

操作性はOculus Questの方が上!

操作性は非常に良いです。

特にExpert+などの難しい曲でその恩恵が感じられます。

曲の中で手が交差するような複雑なキューブの配置だった場合、PSVR版ではトラッキングが切れて、剣が消えたり変な所に行ったりすることがありました。

それはほんの一瞬ですが、最高難易度のExpert+では速い動きで大量のキューブが来るため、そこから崩れて失敗することもありストレスでした。

Oculus Questはゴーグルについている複数のカメラでコントローラーを認識しているおかげか、曲の中で手を交差させたり激しく降ってもしっかりとトラッキングしてくれます。

高難易度曲が快適にプレイできるようになり、とても満足しています。

Oculus Quest版BeatSaberの公式動画ではグルっと一回転する動きが頻繁に取り上げられていましたが、これもPSVR版ではできない動きです。

Oculus Quest版BeatSaberの公式動画より

イヤホンいらず?音響システムがすごい

これはOculus Quest本体のシステム面の話ですが、

イヤホンをしていないのに、まるでイヤホンをしているかのように音が聞こえてきます。

PSVR版プレイ中はイヤホンでプレイしていて、激しく動きすぎてイヤホンがずれてしまうこともありましたが、

Oculus Questではそもそもイヤホンをしなくても音がちゃんと聞こえるので、その心配がありません。

もちろんOculus Questにもイヤホンジャックがついているので、イヤホンをしながらプレイすることもできます。

いつでもどこでもBeatSaberができる!

PSVR版と比べて起動からプレイまでが短いのもいいですね。「やりたいな」と思ったときにOculus Questのスイッチを入れてすぐプレイできる。

本体まで伸びるコードがないので自由に動けて快適です。

PSVR版ではPSカメラにしっかりと認識されるように調整しなければなりませんが、Oculus Questではその手間がいりません。

「カメラから2m離れる」といった制約もないため、プレイする場所もPSVRより狭くても大丈夫。

こういった制約が少ないことがOculus Questの一番の魅力ですね。

まとめ

BeatSaberをプレイするだけなら現状一番お買い得な選択となった「Oculus Quest」

一体型デバイスでありながら、BeatSaberの魅力を十分楽しむことができるのでオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です